クロなどの魚を業務用で手に入れるには

飲食店の売り上げを伸ばすために大切なポイントは料理の味で、店の雰囲気、スタッフの気配りなども必要な要素ですが、何よりも美味しさが重要です。美味しい料理を提供するために必要となるのは、料理する人間の腕前、そして良い食材を手に入れることになります。ただ気を付けたいのは個人が料理を振舞う時に金銭面を気にせず食材を購入するのとは違い、飲食店、営利目的の場合はまず提供する料理に適正な価格を付けて、そこから利益が出るように仕入れを考えなければいけません。食材も良いものになればそれなりの額になり、業務用として大量購入しても厳しい場合があります。それだけに予算を考えてしっかりと目利きすること、安く良い食材を仕入れることが重要です。

食材の仕入れで厄介なのが魚介類で、鮮度が大切になってきます。今は配送や保冷の技術が上がり、産地からやや離れた場所で店を構えていても、新鮮な食材を仕入れることは可能です。和食や割烹、イタリアンやフレンチも魚を使った料理は多く、磯釣りを好む人に取ってはお馴染みのクロなども利用されます。魚は鮮度が命となってきて、本来なら海に近いエリアに店を構えた方が道理にかなっていますが、さまざまな事情から難しいことが多いです。海から離れるほど仕入れが難しくなり、近くに市場や問屋があれば使い勝手が良いですが、そうでない時は別の方法を考えてみてもいいかもしれません。そういった場合は「業務用まぐろの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」などの通販ショップの利用がおすすめで、市場や問屋、さらに産地直送もあるので、しっかりと見比べて選んでください。

飲食店にとって店の売り、人気を左右するのが食材の選び方になります。クロに限らず業務用食材の卸の相談を受け付けているところは多いので、気になる店があった時にはまず問い合わせてください。海から遠ざかるほどに魚介類の取り扱いは難しくなりますが、だからこそ上手く行えば名店として人気が出ます。美味しい海の幸を食べ歩きするなど、グルメ好きがチェックする場合も多くありますので、食材選びはしっかりと行わなければいけません。生鮮食品に関しては、業務用を専門に取り扱っている店だけではなく、産地直送の店なども魅力的です。この時に大切なのはまず問い合わせる、相談してみることが大切になってきます。業務用を取り扱っていない場合でも、要望によっては可能になる場合もあるので試してください。自分で食材を見極めて、選ぶことが大切になります。