超大型の高級魚クエの実力

クエは、高級魚としてよく知られています。味が絶品である上に、市場に出回ることが少なく食べる機会もあまりないので、幻の味という意味も込められています。クエというのは主に関西で呼ぶときの名前です。標準和名も同じですが、九州ではアラと呼ばれています。福岡の博多の高級料亭で出されるアラ鍋の食材として用いられるアラというのはこの魚のことで、一部ではモロコと呼ばれたりもしています。アラという名前では、ほかにアラ属のアラというものがいますが、こちらとはまったく違う種類のものです。クエはハタ科に属する50キロを超えるような超大型にもなる魚ですが、本家のハタ科ハタ属のハタは、こちらほどは大きくなりません。ハタ科の魚で超大型と呼ばれるまでになるのは、ほかにタマカイ、スジハタなどがいます。
大相撲の世界では、各相撲部屋でよくちゃんこ鍋が食べられていますが、九州場所になると、このちゃんこ鍋の具材としてクエが用いられます。これは、九州場所が開かれる頃に旬を迎えて味も良くなるうえに、好んで棲息する複雑に入り組む磯場が九州に多くあり、ほかの地区よりも漁が盛んなためです。市場にもよく並び、手に入る機会が多いのです。ちゃんこ鍋に入れるときは、皮から内臓まですべてが食材として利用されます。料理としては、やはりクエ鍋が有名ですが、白身で上品な味わいなのでしゃぶしゃぶにもよく用いられます。もちろん刺身にしても食されます。
クエは、釣りファンには磯釣りの好ターゲットとして人気があります。この釣りで使用する竿は大物専用竿、リールも大型両軸リールといった大物仕様ものを使います。しかし、これを一人で使いこなすのは無理で、普通三人がかりで釣ることになります。一人は魚に竿をのされないように肩を入れて竿を支える役、一人はリールを巻きやすくなるように釣り糸を手で引き抜く役、そして最後の一人がしっかりリールで巻き取る役です。つまり、チームワークの釣りとなるわけです。この魚は、海底の穴の中などに潜んで近くを通るエサに食いつくというエサの摂り方をするので、磯釣りで狙うときは冷凍イワシを大量にコマセとして磯際から撒いて、冷凍のサバ1尾を丸ごとハリにかけて底へ落とし、ひたすらアタリを待つという釣り方をします。アタリは、突然竿が海面へ突き刺さるような形で現われます。それに対して、釣り人は全身を使って思いっきり竿をあおって合わせます。あとは魚を海面に浮かせるまでは、釣り人対魚の力勝負が繰り広げられるわけです。
こちらも必見「仕入れで迷う人必読!どの魚の白子を選ぶ?おすすめの白子5選